オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!

2014年1月20日月曜日

在庫処分:humania(ヒューマニア)重量あげメガネホルダー/ブラック

最近、お店の片付けを毎日やっているメガネのハマダ(@meganenohamada)です。
年末の大掃除はせず、年明けから開始しました。
別に店舗を引き払うとかじゃないですよ。(念のため)

本日もゴミ出しDAYでしたので、燃えるゴミを出しました。
5袋も。


ちょっと多いですよね。商品入荷が多いと、それに付随して、使い回しの効かない梱包材なんかも多くなりますので、それもゴミです。

自宅兼店舗ならば、燃やしちゃうのに・・・・
(厳密には禁止ですけど)

そんな片付けの最中、もう在庫なしかと思っていた、

humania(ヒューマニア)重量あげメガネホルダー/ブラック







が6個ほど出てきました。

在庫処分ですので、ヤフオクに出品することにしました。

ネットでお買い上げの方は、ヤフオクにてお願い致します。

こちら → humania(ヒューマニア)重量あげメガネホルダー・ブラック

店舗のお近くの方で、ご希望の方は、お店までいらっしゃってください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2014年1月13日月曜日

デスクワーク用レンズ(レクチュールTF)とニューコンセプトレンズ(リマークTF):その1

先日の予告通り、レクチュールTF と ◯◯レンズ
です。

◯◯としたのは、ちょっと考えていたからです。

どう表現スべきか?レクチュールと商品名がでていますので、ここは同じHOYAで、リマーク
としておくところですが、これも喩え話で、

近々(近用ワイド)レンズと、このニューコンセプトとか、ビジョンケアとか呼ばれる
レンズの比較を書きたかったのです。
kinkinsetu

参照ページ → HOYA レクチュール

今日は、近用ワイドのことを書いていきましょう。
「きんようわいど」を変換すると、「金曜ワイド」で、予測変換で、「金曜ワイドショー」と出てくる人も多いかもしれません。
私は、きんよう=近用 で変換し続けていますので、こっちが優先されるのですが。

レクチュール

従来の老眼鏡と比べ、見える幅・奥行きが広がる!
新聞がワイドに、パソコンの文字までくっきりハッキリ。デスクワーク専用のメガネレンズ。
とホームページに書いてあります。

基本は、老眼鏡です。お手元に焦点を合わせた、近用度数の眼鏡です。
そこに、マイナス加入したレンズが、近々レンズ。

さて、よくわからない話が出てきました。

遠近両用の逆です。

通常、老眼鏡の度数というのは、遠用(遠く)の度数に、調整力不足の度数を+(プラス)したものです。
遠近両用は、上が遠く用、下に+(プラス)分の度数を足したレンズになっています。

昔ながらのレンズですと、レンズの下に小窓のある、二重焦点レンズ。
SONY DSC
こんなやつです。

わかりやすいように、既製老眼鏡にマジックで線を書いてみました。

 

このマジックで描いてあるところの度数が基本度数となっています。

そこから上に度数変化をさせます。通常の遠近両用の逆です。

度数変化もプラス度数を足していくのではなく、マイナス度数を足しますので、

遠近と度数変化が一緒 という、イマイチよくわからないことになっています。

<この話のわかりづらいところ↓>

専門家じゃなければ、チンプンカンプンな話です。

遠近両用を逆さまにしても同じような仕組みになります。

次回以降、わかりやすいように説明していこうと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2014年1月12日日曜日

facebookチェックインクーポン発行しています。


メガネのハマダ(@meganenohamada)です。昨年末よりfacebookページのチェックインクーポンを発行しています。
店頭で10%OFF→facebookチェックインクーポン

無料で作れるというのと、チェックインで売上を伸ばしているお店があるというのいうのを知ったからです。
(ブログの↑バナーをクリックして頂いてもfacebookページに移動します)


そして、お店の掃除をしている時に昔の日経MJを見つけました。



そこにフェイスブックチェックインクーポンを利用した集客方法が載っていました。

クーポン集客「いいね!」の輪

といのものがありました。しかも、2011年7月29日の記事です。

その時は、チェックインクーポンを使う気はなかったので、よく読まなかったのですが、

その当時は、facebook上の登記というべき、

「スポット登録」と「オーナー申請」が必要とのこと。

申請には、公共料金の領収書か会社のドメインのメールアドレスが必要ということです。

さらには、承認には1週間程度かかり、クーポンを発行する度にファイスブック社の承認が必要。



そうらしいのですが、先日発行した時は、必要なかったように記憶しています。

結局、このことはfacebookが進歩している、使いやすくなっていると考えていいのだろう。

ここでちょっと、日経MJに書いてあることを抜粋していきます。


  • 1人で利用するクーポンのほか
  • 友人と複数でチェックインすることで使える「グループ用クーポン」
  • 複数回チェックインすると利用できる「ポイント・クーポン」
など4種類ある。

とありますが、1人で利用するクーポンしか発行したことはありませんし、

そんなこと出来るの初めて知りました。多分、ちょっと複雑で、眼鏡屋では利用頻度が少ないと思われます。



記事の内容としては、クーポンを使った集客がメインというより、

「いいね!」やコメントを通じて、友人に拡散する

そして、それがクチコミ効果となって広がっていくという趣旨。

→「顧客自ら“宣伝”」

らしい。

間違ってはいませんが、一時期チェックイン機能を利用していると、上司とかに昼休みの行動がバレバレで、

それを防ぐ方法が~なんて記事もありましたね。

それと同時に「露骨な販促は逆効果も」という記事もあります。



また「顧客自らが宣伝」の内容に戻りますが、

ローソンなどが発行しているクーポンが例として上がっていますが、

コンビニ等では、ついで買いを促せるらしく、「直接の購入行動」+「ついで買い」で対費用効果は高いようです。



羨ましい限りです。当店も何かオプションを買っていただくような戦略を立てなければ・・・・

2014年1月9日木曜日

眼鏡市場と同じではダメだ・・・・グレードアップすべき!

低価格遠近両用セットを見直そうとしている、
メガネのハマダ(@meganenohamada)です。

眼鏡市場がどうこういう話ではないですけれど、
今ね、眼鏡市場のセット価格が浸透していて、お客様の意識としても
15,750円というのは半ば常識で、予算となっています。

そういう事情もあって、その価格帯で売ることも多いのも事実です。

そして、中身も同じようなものになっているのも事実です。

価格の話はとりあえずおいておいて、今日は中身の話です。

進歩はしているのですが、遠近両用レンズは低価格販売用のエントリークラス。
今の遠近両用レンズ標準を考えると、ちょっと使いづらい、スペック的に劣る。

というような感じです。


そうは言っても、エントリークラスもバージョンアップしておりますので、
買い替えでランクダウンしても逆に使いやすくなってしまうこともあります。


その辺りが単に“購入価格が安くなった”という認識につながっているのでしょう。


まあ、悪くないのでいいのですが、メガネ業界としては、良い物を付けて(使って)もらいたいというのも本音です。


実は、今回ご近所の方にお作りしたのですが、
承ったのは、エントリークラス

しかし、何度もお買い上げいただいていますので、中身を1つ上のレンズに変更しました。

このブログでも紹介したこともあると思いますが、

こういうやつです。

内面(内側)非球面化(簡単に言うと歪みを少なくして見やすくしました)したレンズです。

今やこの方式も幾つものレンズで採用されているもので、数年前に発売されたものでも、使いやすくて好評でした。

大手メーカーは、中身をバージョンアップして販売価格の維持に努めていますが、
同じような作りで価格を抑えているメーカーもございます。

今回は、そのレンズを使っており、今後このレンズを使っていこうと思っております。

理由としては、以下のとおり、

  1. 使いやすい(見やすい)
  2. 納期が早い
  3. 価格は殆ど変わらない
とくに納期が早いのはかなりのメリット。

例えば、当店ですと、中2日で届きます。

最低でも中3日はかかる遠近両用ですので、これは大きなメリットです。


これには理由があって、品質を下げていたり手抜きではありません。

外面(外側)を予め作っておいて、注文が入ってから内面(内側)を作り始めます。
だからこその内面非球面化“新”設計なのです。

メーカー、小売店、お客様それぞれにメリットの有る方式ですので、
個人的には気に入っております。

そんなわけで、価格表を作りなおしていこうと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2014年1月6日月曜日

今月の駐車場利用可能日

メガネのハマダ(@meganenohamada)です。
本日は、駐車場可能日のお知らせです。

24、25日以外は利用可能です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2014年1月4日土曜日

CAESAR-FLIP(シーザーフリップ)/偏光レンズの見え方比較をYouTubeにアップしました。

メガネのハマダ(@meganenohamada)です。
昨年末に撮った、偏光レンズの見え方比較をYouTubeにアップしました。


カラー:ダークグレーEX

  • 可視光線透過率 12% (→濃度 88%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ダークグレーEXは、可視光線をよく吸収し、光の分散を抑えぎらつき・かすみもなくします。 また、目をリラックスさせ文字に焦点を合わせやすくします

カラー:ダークグレー

  • 可視光線透過率 19% (→濃度 81%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ダークグレーは、可視光線を平均的にカットするため、 色調を損なうことなく見えます。
  • 日中のドライブ
  • アウトドア
  • ウォータースポーツ向き

カラー:ライトグレー

  • 可視光線透過率 34% (→濃度 66%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ライトグレーは、可視光線全体を平均してカットするため、 色調を損なうことなく見えます。
  • スポーツ
  • 釣り
  • ドライブ向き

カラー:ダークブラウン

  • 可視光線透過率 10.7% (→濃度 89.3%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ダークブラウンーは、紫・青色光を吸収しやすく、網膜への累積被害を抑えます。 また、光の分散を抑えぎらつき・かすみもなくします。 オレンジ・赤を吸収しやすく、目をリラックスさせ文字に焦点を合わせやすくします。 涼しく感じる効果もあります。 可視光線ゾーンの波長曲線の急激な変化を最小限に抑えているため、 目にやさしく、長時間使用しても疲れません。
  • アウトドア
  • 雪山
  • 日中のドライブ
  • 釣り向き

カラー:ミドルブラウン

  • 可視光線透過率 22.7% (→濃度 77.3%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ミドルブラウンは、紫・青色光を吸収しやすく、網膜への累積被害を抑えます。 また、光の分散を抑えぎらつき・かすみもなくします。 オレンジ・赤を吸収しやすく、目をリラックスさせ文字に焦点を合わせやすくします。 涼しく感じる効果もあります。 可視光線ゾーンの波長曲線の急激な変化を最小限に抑えているため、 目にやさしく、長時間使用しても疲れません。

カラー:ライトブラウン

  • 可視光線透過率 30.0% (→濃度 70%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ライトブラウンは、緑を透過しやすく、明るい色合いを保ち、 眩しさを抑え、自然に目が癒やされます。 黄色を透過しやすく、光の減衰なしで水の反射を取り除くため、 水深がハッキリ見えます。早朝や夕暮れに最適です。 可視光線ゾーンの波長曲線の急激な変化を最小限に抑えているため、 目にやさしく、長時間使用しても疲れません。
  • 曇天の釣り
  • 曇天や夕暮れのドライブ向き

カラー:ダークグリーン(G15)

  • 可視光線透過率 16.2% (→濃度 83.8%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

ダークグリーンは、オレンジ・赤を吸収しやすく、 目をリラックスさせ、文字に焦点を合わせやすくします 涼しく感じる効果もあります
  • アウトドア
  • スポーツ
  • ゴルフ
  • 日中のドライブ向き

カラー:リアルグリーン(RG16)

  • 可視光線透過率 16.1% (→濃度 83.9%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.1%

特徴

リアルグリーンは、オレンジ・赤を吸収しやすく、 目をリラックスさせ、文字に焦点を合わせやすくします 涼しく感じる効果もあります

カラー:ダークイエロー

  • 可視光線透過率 29.4% (→濃度 70.6%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:95.5%

特徴

ダークイエローは、全紫色光を吸収し、網膜への累積被害を抑えます。 また、光の分散を抑えぎらつき・かすみをなくします。 緑色の光もよく吸収します
  • 早朝
  • 夕暮れ
  • 釣り
  • 射撃向き

カラー:ライトイエロー

  • 可視光線透過率 39.9% (→濃度 60.1%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.3%

特徴

ライトイエローは、緑を透過しやすく、明るい色合いを保ち、 眩しさを抑え、自然に目が癒やされます。

カラー:ローズレッド

  • 可視光線透過率 17.5% (→濃度 82.5%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:99.9%

特徴

ローズレッドは、紫・青色光を吸収しやすく、 網膜への累積被害を抑えます。 また、光の分散を抑え、ぎらつき・かすみもなくします。 緑色光もよく吸収します。
  • ドライブに最適!!

カラー:ライトブルー

  • 可視光線透過率 51.7% (→濃度 48.3%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:51.6%

特徴

ライトブルーは、黄・オレンジ色光を選択的に吸収します。
  • 室内
  • コンピュータ(ブラウン管)
  • コンタクトレンズ装用者向き

カラー:ライトピンク

  • 可視光線透過率 50.0% (→濃度 50.0%)
  • 紫外線透過率 1%以下(→カット率 99%以上)
  • 偏光度:55.8%

特徴

ピンクは、紫・青・緑色光を選択的に吸収します。 黄色を透過しやすく、光の減衰なしで水の反射を取り除くため、 水深がハッキリ見えます。 早朝や日暮れに最適です。 オレンジ・赤を透過させるため、赤色が飛び出して鮮明に見え、 曇天でも水上や海図の赤を目立たせる効果があります。
  • 雪山
  • 曇天の釣り向き


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Google+ Badge