オンラインストアの開設は、お試し無料の カラーミーショップ で!

2011年11月22日火曜日

個人輸入・輸出をやりたいが・・・・・

ネットショップをしていると、時々、海外から問い合わせが入る。
そのほとんどは、海外在住の日本人だ。

やはり、MADE IN JAPANを求めている人は多く、需要がある。
そういう理由で、輸出をやってみたいし、

輸入に関しては、店舗の商品ラインナップにメガネ以外のものを加えたい
という欲求がある。

低リスクで、利幅の大きな商品が好ましいが、なかなか目利きや輸入方法がわからない。

先日、この本を呼んでいたら、

とても参考になる本なのだが、現在の生活では、ちょっと無理がある。
スムーズにやり取りをするには、朝寝て、昼起きる みたいなサイクルにしないといけない。

そんなことも書いてあった。必ずしもそうではないが、回り始めるとそうなってくる。
今のメガネ屋の商売を崩す気はないし・・・・


もう少し考えてみよう・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月17日木曜日

12月もバランスバイクのレースをやりますよ

先日、11月13日にバランスバイクのレースをやりました。

イベントとして。

公式サイトに載りました。
http://www.rangsjapan.co.jp/rangsbalanceseries/news.html


その時の動画は、こちらです。

他にも動画がありますので、ご興味ある方は、YouTubeで「RANGSCUP」と検索してみてください。


 このイベントを開催した目的は、商店街に集客というのが一番なのですが、必ずしもそうでなくていいと思っています。
ですが、関係者も多く、いろいろな人が関わっている以上、集客による“旨み”もないと続かないし、協力も得られない というのも事実です。

どこか、商店街の中で出来るところはないかと探していたところ、ここでもいいんじゃない?
という場所が見つかりました。
 特に2歳児のレースは、この中だけで十分。

 ここから入って、

ここで折り返しのコーナーを作って


最後にこの直線にするか、

この細いところを抜けさせてもいいかも


まだまだ、アイデアはまとまっていないので、決まり次第随時発表していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月12日土曜日

大型店からお客を取り戻す“3つのしかけ”

大型店からお客を取り戻す“3つのしかけ”
という本を買った。
これ↓



この前から立ち読みばかりしていたが、もう気になって、買っちゃいました。

最初だけ読んでも、
  1. 人口減少の過疎地
  2. 大型店にお客様を取られている
  3. タイトル
  4. 眼鏡屋さんが書いた本
これだけのことが分かる。

そして、やっぱり、眼鏡屋さんの体験記的なところが、まさしくツボに入った!


 これから読みます。


あ、確かこの本、今売り切れらしいから、手に入らないみたいです。
読みたい人は、メガネのハマダまでお越しください。(お近くの人だけですけどね)

最近、またアメブロとTwitterを勉強し直す機会があったのですが、
この本を読み返して、改めていい本だなぁ。と思った。

なんか、facebook始める前に、この本読んだほうがいいよ!
って、感じですね。

 

これもいい本ですね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月10日木曜日

2011/11/13のイベント、RANGSCUP IN YONAGO GP で眼鏡屋がすること

やたら、長いタイトルになってしまいましたが、来る11月13日(日)に米子市の中心部商店街にある、パティオ広場に行われるイベント

RANGSCUP IN YONAGO GP


にて、当店「メガネのハマダ」が販売するものをご案内します。
(多分、並べるだけで売れることはないでしょう・・・・残念ですが)

イベント内容に関しては、参考動画がございますので、参考にしてください。



まず、「うわさのカレーパン」もうおなじみですか?


そして、子供用の眼鏡セットを販売します。限定価格で。いつもよりちょっと安く、そして、ちょっとだけ特典をつけて・・・

今流行りのTR-90素材で、軽く、曲げても元に戻り、耐久性に優れ
お子様にピッタリ!

30本仕入れました。

その一部をを紹介。



これなんか、まさに子供向けのデザインで、バネ丁番で、型くずれしにくいタイプ。




そして、これは大人用のサイズダウンで、フロントの質感は、今回のフレームの中では、ピカイチ!


テンプルの絵柄がお子様向けですね。














このシリーズは、12,600円ですが、今回のイベントに限り、特別価格で、更にオマケをつけちゃおうかな?と思っています。

9,800円レンズ付きセット

お子様に限り、1年間レンズ交換無料!


でどうですか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月6日日曜日

アンケートを取るだけならば、登録は必要ないな

 今、いろいろとイベント関連の仕事(ボランティア)が増えてきた。

と言っても、自分たちの手弁当でやるイベントだから、アマチュア集団が訳も分からず何かを必死でやっているというだけに過ぎない。

そんな中で、イベントをやるたびに改善していこうという意志はみんなある。
手っ取り早く、効果があるのがアンケートでの集計なのですが、どうやって取るか?
が悩みどころでした。

最悪紙でいいか!みたいな気持ちではありますが、携帯で出来ないものか・・・
と思案中でした。


いろいろあったのですが、やっぱり登録制にするとハードルが高いし、意見も集まりにくいので、この携帯対応の無料アンケートフォームを使うことに決めました。

名前等の個人情報を入力する欄自体、初めからないので、安心です。(お互い、軽い気持ち応答できると思っています)
ただ、自由に意見を書く欄はなく、回答が制限されます。
主催者側は、顧客データを集められない。ということはありますが、それが目的ではないので、必要十分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月5日土曜日

15年ぶりのリニューアル、Nikonソルテス・ワイド

11月1日発売の近用ワイドレンズNikon ソルテス・ワイド」

画像を用意できたら良かったのでが、現在のところありません。タイの洪水で忙しいのか、ニコンレンズウェア|ホームページにもまだ載っていません。


さて、この近用ワイドレンズというものは、一体何なのでしょうか?聞きなれない人も多数いらっしゃると思います。私も最近までは近々レンズと言っていました。業界全体もそういう名称で呼んでいました。

ただ、イメージが伝わりにくいので、名称は変えたほうが良かったと思います。
全国の眼鏡屋さんも説明して売ろうとするのですが、一部この手のレンズに理解を示されている方のみしかお買い上げになりません。

基本的な考え方は、“老眼鏡”ですからね、老眼鏡を買うつもりで、値段が上がると、その時点で皆さん敬遠されてしまう。このレンズにすると、ずいぶんと利便性は増すのですが・・・・


 どういうレンズか?というと、ピントを合わせる焦点(いわゆる処方値)はお手元。この時点で近用レンズ(いわゆる老眼鏡)、お仕事や読書などに使われる種類のレンズです。そこから逆加入で度数が入って行きます。

???何のことですか?


実際に眼鏡屋も発売された当時、何のことだか、わかりませんでした。

遠近両用を比較として説明いたします。
遠近両用の基本的な考えとしては、遠くに焦点を合わせ、近くを見るためにレンズ下部に度数を加算していきます。
近くを見るためのレンズですから、凸レンズ(虫眼鏡をイメージしてもらえばわかりやすいです)になります。この加算する度数は、人によって違います。老眼の進み具合で。

 老眼鏡=遠く用の度数+老眼の度数

この老眼鏡に凹レンズ(モノを小さく見せるレンズ)をプラスしたのが、逆加入の近々レンズと呼ばれます。逆加入と言われるのは、

遠近両用が遠くから近くに、度数の変化は上から下へ
に対し、
近々レンズは、近くからちょっと先へ度数の変化は、下から上へ

はっきり見える範囲のイメージは、





こんな感じです。

近用眼鏡をかけたことのない方には、分かりづらいですが、
・眼鏡をズラさずに、ちょっと先が見える
・手を伸ばした先、机の端の“そこ”が見える
そんな感じです。


今、当店では使いやすさや値段を考えて、
TSLのラクスパー(10,500円/1組)
Nikonのソルテス(19,950円1組〜)
を販売しています。

15年前、他社に先駆けてこの近用ワイドレンズを発売したNikon・・・


長くなるので、<続きはこちら↓>

Google+ Badge